弁護士法人ALG&Associates監修のもと法律問題に関する役立つ情報をお届けします!
法律事務所が業務停止に!どうしたらいいの?

離婚問題

遺産相続

遺言書の方式と遺言書で出来ること

遺言書の普通方式と特別方式について生前成しえなかったことや子孫の繁栄を願い、故人の意思を尊重するために遺言を残す方がいます。遺言は、民法の「相続法」に則り、遺言書によって残されますが、遺言書の残し方にはいくつか種類があります。それは、遺言書の「普通方式」と「特別方式」です。ここでは、遺言書の普通方式...

遺言書の3つの種類と無効にならない書き方

遺言書とは遺言書とは、生前財産のあった故人の意思を尊重した、財産相続のための書類です。生前の意思を形にしたものであり、民法に位置付けられている「相続法」で定められています。しかし、遺言書の内容は、相続法の規定よりも優先されることから、財産相続における重要な役目を持ちます。遺言書には大きく分けて3種類...

刑事事件

電車・バスの中で盗撮して逮捕された場合の刑罰

電車やバスの中で盗撮した場合にどのような罪に問われるのでしょうか。また、相手の衣服を盗撮しただけでも罪に問われるのか、詳しく見ていきましょう。電車やバスの中で盗撮を行ったらどのような罪に問われるの?電車・バスでの盗撮は、各都道府県が定めている「迷惑防止条例」に違反する犯罪です。「迷惑防止条例」とは略...

盗撮で逮捕された場合の刑罰

盗撮容疑で逮捕された場合、どのような刑罰になるのでしょうか。解説します。盗撮で逮捕された場合の刑罰とはまず前提として、盗撮の対象を最も裁判で事件とされている女子の裸体・下着着用時の姿態とします。当該女子が児童(18歳に満たない者)であるかどうかについて罰条が異なるため場合を分けて検討します。さらに、...

痴漢で逮捕されたらどうなる?逃げたら罪が重くなるの?

街中や電車内での痴漢容疑で逮捕された場合、どのような刑罰になるのでしょうか。最近では線路上に逃げて電車を止めてしまう人もいますが、このことにより罪が重くなることはあるのでしょうか?解説します。痴漢で逮捕された場合の刑罰とはなお、以降の法令は、平成29年9月1日現在で施行されている法令を基礎とします。...

交通事故

交通事故における後遺障害等級認定の申請方法

後遺症と後遺障害の違い交通事故損害賠償の実務では、後遺症・後遺障害といった用語が飛び交っていますが、それぞれどのような意味で用いられているのでしょうか。以下で解説します。後遺症とは後遺症とは、一般的に、傷害等を負う前の心身の状態と比べて、受傷後治療を継続しても症状の改善がこれ以上見込めない心身の状態...

死亡事故の慰謝料相場と請求方法

死亡事故の慰謝料とは慰謝料は、基本的に、被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われるものです。被害者が死亡してしまった場合には、被害者本人の精神的苦痛に対する慰謝料に加えて、被害者の近親者にも慰謝料請求が認められています。被害者本人の慰謝料とは被害者は亡くなっていて慰謝料を受け取れないのに、被害者本...

一般民事

個人情報を漏洩された場合、損害賠償を請求できる?

『元夫がかなり粘着質な性格をしていて、それが耐えられなく離婚をしました。離婚後の生活を安定させるため、できるだけ引っ越し先や連絡先(以下「本件個人情報」といいます。)が元夫に知られないようにしたのに、元夫と仲が良かった親戚がうっかり漏らしてストーカー被害に遭いました。また引っ越し等をしなければならな...

エレベーター事故で死亡したら損害賠償を請求できる?

エレベーターのドアに挟まれて死亡するなど、悲惨な事故がニュースになることがあるエレベーター。実際に事故に遭った際、怪我だけでは済まないような事例も過去にありました。実際に起きてしまった場合、どこに責任を求められるのでしょうか。今回はエレベーター事故で死亡してしまった場合の損害賠償について解説します。...

民泊で貸していた部屋が事故物件になった!損害賠償は請求できる?

相場よりも安く借りることができるため、一部の人には事故物件が人気なようです。心理的瑕疵あり、告知事項ありなどと表記されているものがそれにあたりますね。大家さんやオーナーからしてみれば、それさえなければ通常の価格で貸せたのに…と思うこともあるでしょう。では、入居者が原因で事故物件になってしまった時、原...

普通に生活していても、ある日突然、法律問題に巻き込まれることがあります。

  • 浮気をされて離婚を考えている、慰謝料請求を行いたい!
  • どのように遺産相続すればいいのかわからない!
  • 交通事故に遭い、保険会社との交渉で困っている!
  • 身内が刑事事件で逮捕されて接見することができない!

など、法律に関することでお困りの場合は、まず弁護士へのご相談をオススメします。

法律相談は弁護士法人ALGへ