遺産相続を考えるときに、借金などマイナスの財産しかない場合は、相続放棄を検討することでしょう。では、相続放棄する場合のメリットとデメリットは何が挙げられるのでしょうか。

遺産相続を放棄することができる

相続放棄の効果

相続放棄の効果としては、最初から相続人でなかったということになるということが挙げられます。相続放棄は、相続の段階でプラスの相続財産がなく、借金といったマイナスの相続財産しかない時に選ばれる方法です。そこで、相続放棄をすれば、その人自身だけでなく、その人の子供や孫といった直系卑属もマイナス財産の相続から逃れられることになります。

相続放棄しても家族関係がなくなるわけではない

たとえ、相続放棄をしても血縁関係といった家族関係に影響を及ぼすわけではありません。親子であれば、そのまま親子関係が続きます。例えば父の相続の時に相続放棄をしても、母の相続の時にそれが影響するわけではありません。

相続放棄とは、あくまでその時点での相続に限定された話なのです。

相続放棄をすると、相続人が代わる

相続放棄をすると、相続人は次の順位の人に代わります。相続は、配偶者と血縁関係で上の順位の人の間で行われます。順位というのは、子ども→親→きょうだいの順になっています。子どもの一人が相続放棄をすれば、配偶者と他の子どもたちで相続することになります。子ども全員が相続放棄すれば、配偶者と親が相続人になります。

相続放棄で考えられるメリットとは

被相続人の借金を背負わなくていい

相続放棄の一番のメリットは、亡くなった方である被相続人の借金や保証債務を負担しなくていいということでしょう。亡くなった方に、少々の預金と多額の借金があった場合、そのまま相続してしまえば、プラスの財産を上回る借金を返済しなければなりません。

しかし、相続放棄すればその負担から逃れることができます。

財産を分散させないことができる

相続放棄には、法律的な意味の相続放棄と一般的な意味の相続放棄があります。法律的な意味の相続放棄とは、プラスの財産よりマイナスの財産の方が多い時に、裁判所で相続放棄の手続きをすることによって、最初から相続人でないことになる制度です。

一方で一般的な意味の相続放棄とは、例えば長男一人に相続させるためにきょうだい達には相続を諦めてもらう場合をいいます。

土地家屋や、先祖伝来の品といった分け合うことが難しい財産の場合は、この意味での相続放棄を行うことによって、財産が細分化・散逸してしまうことを防ぐことができます。

遺産相続争い・ストレスから解放される

相続は、「争族」とも呼ばれるほど、身内の間の大きな争い事となりうる危険性をはらんでいます。

それを避けたい場合は、一般的な意味での相続放棄をしてしまえば、争い事から身を引くことができストレスをかかえずに済みます。

相続放棄で考えられるデメリットとは

家族関係が悪化する恐れがある

マイナスの財産が多い場合に、相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになることは前述のとおりです。

この場合、法律的には、自動的に次の順位の相続人に相続する権利が移ることになります。

新しく相続人になる人は、思いがけなくマイナスの財産を背負わされるわけですから大きな負担となります。

したがって、関係してくる人たちにきちんと説明をして相続放棄をしないと、場合によっては、相続放棄により家族間の人間関係が悪化することが予想されます。

相続放棄をするときは、個人に認められた権利と言えども、事前に親や兄弟たちに相談しておくのが望ましいと言えるでしょう。

相続放棄の撤回はできない

相続放棄は、一度行うと撤回はできません。相続放棄は、その人が最初から相続人でなかったことにする効果があります。したがって、撤回を認めてしまうと相続関係が複雑になってしまうためです。

もし、あとから高額な相続財産が出てきたとしても、いったん相続放棄をしてしまうと、相続のやり直しをしたいと言っても認められません。

したがって、相続放棄を検討している場合は、相続放棄が認められる期間である相続が開始してからの3か月以内に相続財産の調査をしっかり行うことを心がけましょう。

例外が認められる場合

相続放棄は、原則として撤回できません。但し、他の相続人に脅迫を受けたり、騙されたりして相続放棄した場合は別です。この場合は、本心から相続放棄したとは言えませんので撤回が認められています。

相続財産を一切相続できない

相続放棄は、マイナスの財産を放棄するだけではありません。

亡くなった方が残したプラスの財産を含めて、全ての財産を相続する権利を放棄するということです。

もし、プラスの相続財産があり、それの範囲内でマイナスの財産も相続してもよいと考えるのであれば、相続放棄ではなくて限定承認という方法をとる方がよいでしょう。(参考:遺産相続でプラスの財産だけ受け取りたい!

なお、限定承認は、相続放棄と異なり相続人全員で合意して行わなければならない点に注意が必要です。

まとめ

今回は、相続放棄についてのメリットとデメリットについて解説いたしました。

相続放棄という言葉は、相続の場面でよく使われますが、二つの意味がありますので注意しましょう。

法律的な意味での相続放棄の場合は、原則として撤回をすることができません。

そこで、まずは、相続財産の調査を綿密に行うことから始めましょう。

また、マイナスの財産の放棄ですから次の順位の相続人にも大きな影響を与えます。

したがって、家族の間での話し合いも欠かせないでしょう。